このメニューではクレジットカードヒストリーについてお届けしています。
注意をしておきたいクレジットカードヒストリー

注意をしておきたいクレジットカードヒストリー


注意をしておきたいクレジットカードヒストリー
今貴方が利用をしているクレジットカードは、本当に貴方のライフスタイルにマッチしているクレジットカードでしょうか?
どんなに素晴らしい特典が目白押しのクレジットカードでも自分自身がお得を受けることが出来なければ意味が無いのです。 申込者の属性がどんなに良好で年収が高額だったとしましても過去に支払い事故などをしてしまっているとクレジットカード審査で落とされてしまうことがあります。
それとは逆に多少属性が弱い場合でも、良好なクレジットヒストリーが認められれば審査でパスする可能性があります。

なぜクレジットヒストリーが審査で重要視されるかと言いますと、実績に裏付けられた情報だからなのです。
クレジットカード申込書に記入された内容は申込者の自己申告によるものとなっているので、ほとんどが裏付が取れないことからクレジットヒストリーが重要な参考基準となります。クレジットヒストリーは過去にクレジットカードを利用した時の履歴のことを言います。
自社や他社を問うことなくクレジットカードの審査を行う時にはこのクレジットヒストリーが重要な判断材料となります。



注意をしておきたいクレジットカードヒストリーブログ:18/09/06

太っている人には、ある共通点があるみたいです。
それは「身体を動かさない習慣」です。

自転車、自動車、エレベーター、エスカレーターなど、
便利な道具が増えました。
その便利さに甘んじて、ついつい頼りがちになり、
楽なほうへと偏ってしまう…

そして、気がつけば
「身体を動かさない習慣」が当たり前になっています。

人によっては、歩いていけるコンビニさえも、
バイクや自転車を使う人がいるというのですから驚きです。

減量がなかなか上手くいかないという人は、
太りやすい体質が原因なのではなく、
身体を動かさない生活習慣こそ、真の原因だと思います。

できるだけ動きたくないというだらしのない気持ちが、
如実に体形に表れているのでは?
かくいうオレもそうだったんですが…

減量をしている皆様はいかがでしょうか?

便利な道具に囲まれている生活のため、
いつの間にか「身体を動かさない習慣」が
当たり前になっていませんか。

減量で
変えるべきなのは「食生活」だけではなく
「トレーニング習慣」もなんですよね。

あえて便利な道具は使わず、
積極的に身体を動かす習慣へと変えましょう!

例えば…
階段を使うのを当たり前にしてみましょう。
ひとつ上の階や下の階くらいであれば、階段を使うようにします。

お買い物に行くときには
「自動車」ではなく「自転車」を使います。
そうすれば、身体を動かす機会が増えますね。

歩いていける距離であれば、
散歩をしながらお買い物をするのを習慣にします。

「身体を動かさない習慣」を当たり前にするのではなく、
「身体を動かす習慣」を当たり前にしましょう!

注意をしておきたいクレジットカードヒストリー

注意をしておきたいクレジットカードヒストリー

★メニュー

審査時には在籍確認が行われる
注意をしておきたいクレジットカードヒストリー
ドライバー向けのお得なクレジットカード
マイルやポイントを賢く貯める
まさに地域密着型のクレジットカード
楽天カードよりもワンランク上のクレカ
時代に欠かせないクレジットカードの魅力
急な出費が発生したらキャッシング
様々な保険が付帯されているクレジットカード
永久的にポイントを貯めることが可能


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)人気爆発!クレジットカードガイド